まーた、老人ホームにいる認知症のボケ父から、電話がかかってきました。
ここのところ、週1どころか、あまりにもボケ父からの電話が多くて
母も私も、メンタル的にやられてきています。

私は実際には電話に出ていないし、母から話を聞くだけだけど。
それでも何度かかってきても、馴れないし、腹が立つ。

この間は、母が受話器をとるやいなや、
「俺の通帳や年金って、どうなってるワケ!?」
と、いきなり不機嫌な声で言ってきたらしく。

「もしもし? オレだけど」の一言もなく、いきなり本題の金かよ。(怒)

母は、
「あんたの年金や通帳は、こっちでちゃんと管理していて
 入院代(老人ホーム代の事)に使っているよ。
 私らの事には1円も使わないで、全部、あんたの事に使っているからね。」
と、認知症のボケ父に通じるかどうかは別として、ともかく正直に話したそう。


するとボケ父は、「え!? ここってお金かかってるの!?」だって。
本当、おめでたいわ。
ただで、ボケ老人預かってくれる所なんて、
そんな報われないボランティア、あるワケないじゃない。

「入院が長くなって悪いね、そっちの生活は大丈夫?」とか、
そういう労いの言葉が無い。自分の事しか考えていない。

で、「つまらなくてどうしようもないから、帰りたいんだけど!」
と、こっちの苦労は考えず、軽々と口にする。

母は、
「そんな帰ってこられたって、私だって歳であちこち具合悪いし、
 ティー子だって心臓悪いんだから。
 あんたに大人しくそこで暮らしてもらわないと、みんなが倒れちゃから。
 そこに居てもらうのが、一番うまく行くし、自分の為なんだよ。」
と、これまた正直に。且つ、穏やかに。

認知症のボケ父が、母の言った事をどれだけ理解して、覚えているかは甚だ疑問ですが、言うべき事は言ってやった様子。

自分のヘソクリは、自分の老人ホーム代に。
全部100%自分の為に使っているじゃないですか。何が不満なの。
そのヘソクリだって、
こっちに出す生活費を事あるごとにちょろまかして出し渋って貯めた金でしょ。

ボケ父は、老人ホームでの暮らしがつまらないらしく、不満だそうで。
まぁ、そのぐらいのストレスは感じてもらわないと。これでいいの。
居心地良過ぎて、長生きされたら困りますからね。

早くボケて、何もかも、息する事も忘れて欲しい。


お読み頂きありがとうございました。
↓ ついでにブログ村のクリックもして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村